Nov17th

オチペロ数学機能 の変更点

Top / オチペロ数学機能


*LaTeX [#f8ef8672]
- $でコマンドを囲んでリプライすると画像にして返します.
例: @otipero3 $\int_0^\infty\frac{\mathrm{d}x}{1+x^2}$
- マルチバイト文字が含まれていると失敗します.
- パッケージはmathrsfs, amsmath, color, txfonts[varg], amssymb, braket, bm, xy[all], dsfont, pifont を読み込んでいます.
- $の中身はalign*環境に入れられるのでdisplaystyleになりますし,改行もできます.
*gnuplot (グラフ描画) [#k0f5a6ba]
- plot, splot, pplot(極座標用のオリジナルコマンド) で始まる場合に反応します.
-- plot
二次元プロットです.xの関数が続く場合はy=f(x)と解釈し,tの関数が続く場合はx=f(t),y=g(t)と解釈します.
(xの関数が続くかどうかはexp以外にxが含まれているかどうかで判断し,続かない場合はset parametricします.splotも同様.)
--splot
三次元プロットです.x,yの関数が続く場合はz=f(x,y)と解釈し,u,vの関数が続く場合はx=f(u,v), y=g(u,v), z=h(u,v)と解釈します.
-- pplot
オチペロ用の極座標プロットです.tの関数が続く場合にr=f(t)と解釈します.tは[rad]であると解釈します.
(pplot xxxxx は set polar; plot xxxxx と内部で変換されます)
- マルチバイト文字が含まれていると失敗します.
- 詳細はgnuplotの説明をお読み下さい.
*Wolfram Alpha (計算)[#obec72d9]
- "ねこのて" で始まる場合に反応します.
- "ねこのて" に続く文字列をWolfram Alphaに投げ,帰ってきたものを適当に整形して返します.
- マルチバイト文字が含まれていると失敗します.

- 機能一覧見たらいろいろありますが,対応してるのはごく一部です.
*逆行列 [#q788df0d]
- 行列を[[1,2][3,4]]のように入れ,「逆行列」という単語を入れてください(内部的には適当に区切られた数字の塊が平方数個あるかどうかだけ考えてるので,[1,2,3,4]でも2x2行列になります).
- Wolfram Alphaに投げてます.ねこのてと同じですが,次数が大きくなったときに文字列だと切れちゃうのでtexでタイプセットして画像にして返します.